読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンとくるノート

くるうさの、作戦会議ノート。(生活で使うアプリとかハードとか。)

(く)2015/07/15 14:12

くる:
こんにちは。GoogleIMEの「にちじ」の変換で日次が出てくるので、
題名を付ける際にとても便利で助かります。

13日に任天堂の岩田社長が亡くなったのを知ってから、
ほぼ日での対談集とかを読みあさってるのですけれども。www.1101.com


ちょうどこの時、(2社目の会社)での面談へ行ってたんですね。
その時に考えてたことは、仕事についての考え方とか、構え方とか。

イベントって、参加する側からすると、特別なものじゃないですか。
準備などしてるこっち側だと、毎回毎回あるものなのですけれども。
なので、毎回が特別なものを作ってるな、って思いになるのですね。

それも、ほぼ、毎回違うイベントじゃないですか。
ある程度は使い回しの効くものってあると思うのですけど、
全く同じものを用意することは、ほとんどないわけで。
会場も違えば用意するものも変わりますからね。

あと重要と思ったのは、時間の使い方。
時間をかけて手間をかけるほどいいものができる、と考えがちですけれども、
実はそうではなくて、適切に時間を絞ることで、
より良いアイディアが磨かれて、結果いいものができるんですね。

大事なのはアイディアと効率であって、それはゲームでも、
今回のイベント用の道具を作ることでも、同じだと思うんですね。
なので、今回の対談集の記事は、非常に共感できる内容なんです。

私はモノづくり、好きなんです。
ですけれども、まとめが苦手なものでして。
設計(デザイン)は一人ではできないけれども、
他の人と協力してなら、きっとできると思うのですね。

ただ、20代までは協調性、ってものが未熟だったので、
それさえもできなかったという、悔しい過去があるのですけれど。

少し歳をとって、人格が形成されたお陰なのか、
やっとこさ、自分の持ち味を出せる日がやってきたな、って。
13日の面接と対談集の感想から、そう感じたんです。

今は結果待ちですから、まだ求職中から抜けだせませんけれど、
もう昔のように、将来について困ったと悩むことは、ないでしょう。きっと。

広告を非表示にする